Mojigen@ADAA2016

勝本 雄一朗 / Yuichiro Katsumoto


逆転のロボットアニメ / Robot Anime Reversal

80年代の日本に生まれた私は、ロボットアニメに魅了されて育ちました。ロボットとは主役にしてメカであり、アニメとは静止画に時間を与える表現です。そんな風に言ってしまうと、静止するものに時間を与えるメカもまた、ロボットアニメと呼んでいい気がしてきました。そんなわけで、私は「逆転のロボットアニメ」と称する制作を始めたのです。

I grew up fascinated by Robot Anime. Robot Anime is a genre of animation that was popular in Japan in the 1980s. On the one hand, Robot is a leading actor that is embodied in new technologies. On the other hand, Anime is an animation that gives a time axis to still images. By understanding the above words, I started to feel that technology that gives a time axis to static objects can also be called Robot Anime. Therefore, I began the project “Robot Anime Reversal”.


相転移的装置 / Phase Transition-ish Apparatus

水は凄い。入れ物にあわせて形も変わるし、氷になって固くなることも、水蒸気になって広がることもできます。なにより人を潤してくれる。そんな水の自在さに触発されて作った玩具が「相転移的装置」です。

Water is incredible. It can change shape according to the container. It can be rigid as in ice, but also able to spread as a vapor. Inspired by water’s flexibility, a series of gadgets called Phase Transition-ish Apparatus were created.


StandbyCE: 暮らしとともにあるコンピュータエンタテイメント

情報技術が進化して、いつでもどこでもゲームで遊べる時代がやってきました。そんな時代だからこそ、暮らしの新しい楽しみ方があってもいいじゃない。そう信じて模索したのが、生活に寄り添う電子遊具「StandbyCE」です。

Thanks to the evolution of Information Technologies, we can enjoy video games anytime and anywhere using mobile devices. But, maybe, we could enjoy our life in another way using the same technologies. I sought this possibility of computer entertainment when I was in a grad school.


その他 / Et Cetera